アカギ 単行本がめっちゃ重要

で、アカギ 単行本 発売日は、いつかしら...。「何時と聞かれてもなぁ...」ほら私、我慢出来ません。一秒さえ無理。一分もダメ。お願い。早く教えて!

「ちょ、おかしい。それやばい...」短気が悪い?あー、もう駄目!本当、アカギ 単行本をプリーズ!

「わーった。今ぐぐるから!」はぁ...どうにも苛々が募る。「でもお前、苛々してる方が、仕事するよな。妙にキーボード打つの早く」そりゃ、私、非暴力主義者よ。

八つ当たりする事も無ければ、苛々をどこかで発散する事も、ありません。怒りの矛先は、何処へ向かう?「それがキーボード?」まぁね。

別にこれカタカタ打ち込んで、不満消せる訳じゃないわよ?少し気が紛れる程度。「おま、泣いてね?」べ、別に!ちょっと我慢の限界を超えちゃう...。

「アカギ 単行本を知りたく、涙とか勘弁。ふぅ...一緒に居れば、妙に此方も気分悪く...」

ちょ、別に貴方が其処まで、怒る必要無いだろーが。アカギ 単行本 発売日を調べ、終わらそう。